ED治療薬は山王山手ビルクリニックでも処方可能

ED治療薬として一番有名なお薬はバイアグラです。このお薬は、元々狭心症の治療のために研究されていました。ある時、臨床試験を受けた被験者がなかなかお薬を返さないことを疑問に思った製薬会社が尋ねたところ、どうやら男性器の勃起に作用することが分かったのです。こうして世界的に有名なED治療薬は誕生しました。
ED治療薬は、どこで入手できるのでしょうか。日本では、泌尿器科や内科のクリニックで処方されることが多いです。東京都大田区にある山王山手ビルクリニックのようなクリニックがその例です。中には、ED専門外来の看板を掲げているクリニックもあります。日本で1,100万人以上と言われるED患者の治療に特化したクリニックです。勃起不全は男性にとって、とてもデリケートな問題です。性器の悩みを人に話すのはとても恥ずかしいことだし、勇気がいるものです。そんな患者側の負担を軽くできるように、男性スタッフのみを雇用したクリニックがあるのです。
山王山手ビルクリニックでも入手できるED治療薬ですが、どんな副作用があるのでしょうか。日本では現在3種類のED治療薬が認可されていますが、一番初めに研究開発されたバイアグラには、頭痛や鼻のつまり感、頬がほてるという副作用があります。また、食事の研究をとても受けやすいので、食後2時間は服用してもあまり効果が感じられません。一方、後から研究開発されたレビトラやシアリスは、共に食事の影響を受けにくいのが特徴です。シアリスは副作用もないし、食事の影響を受けにくい最新のED治療薬です。どのお薬を処方してもらえるかは、いつ服用するのかにや医師の判断に委ねられます。山王山手ビルクリニックでも、患者の話を聞いてから一番適切なED治療薬が処方されます。